性病のピンポン感染には気をつけよう

ねずみ駆除:アパートに住んでいても平気?

MENU

性病のピンポン感染には気をつけよう

 

ピンポン感染とは自分とパートナーが性病に感染した場合、どちらか一方が治療を行い完治しても、もう一方が治療を行わないと性行為をした際に再び感染してしまう状態の事を言います。片方が治療し完治しても再び感染しあってしまいこの状態が卓球のうちあう様子に例えてピンポン感染と呼ばれるようになりました。この感染はカップルや夫婦に多くみられ、自覚症状があらわれないケースがあるので片方だけに性感染症の症状がみられ治療を行いますが、もう片方は自覚症状が無いために治療する必要はないと勘違いし、感染を繰り返してしまうことがあります。クラミジアやヘルペスなどはオーラルセックスにより感染したり、トリコモナスは下着、便器などを通じて感染することもあります。たいていの場合はコンドームを使用すれば感染を防ぐ事もできますが、毛ジラミは感染を防ぐ事はできません。毛ジラミに感染した場合はパートナーとの性行為は完治するまでは避け、必ず二人一緒に治療を行う事が大切です。また、梅毒もコンドームだけでは防ぎきれない事のある病気です。梅毒は股間の付け根に発症する事が多く、悪化してしまうと浸出液がコンドームに付着しそのまま性行為をする事によって相手に感染させてしまうこともあります。そのため、パートナーと同時に感染した場合は二人一緒に治療を行う事が大切です。